家族とゴールデンウイークを過ごす方法!有意義に過ごす6つの提案

季節イベント

一年の中でも楽しみなゴールデンウイーク。こんなに長い連休ってなかなか普段は取れないので、予定が決まっていなくてもやっぱりわくわくしますよね。

 

だけど、さて「今年はどこに行こう」「何をしよう」なんて、毎年過ごし方に悩んでしまいます。家族で過ごすことは決まっているものの、毎年同じではつまらないし。だけど、せっかくだからどこかに行きたいと悩むところです。

 

ゴールデンウイークと言われて思いつくのは、BBQや遊園地、水族館に動物園。これってちょっとマンネリして、家族での過ごし方に迷っていませんか?

 

そんな私も「ゴールデンウイークだしUSJ―!」と張り切って行ったはいいものの、人が多くて疲れ果てるし、何度も行った私たちにとっては結構マンネリな過ごし方に。最後は早めに切り上げて「なんか遊び足りない…」「なんとなく不完全燃焼感…」なんて。

 

せっかく楽しみにしていた連休なのに、いつもと一緒じゃつまらないですよね。
せっかくの休みに渋滞覚悟でおでかけするのに、なんとなく不完全燃焼感が残る過ごし方だと、損した気分になっちゃいますよね。

 

今ではそんな私たちは、なるべく渋滞と人ごみを避けて、家族で有意義に過ごすことを大切にしています。家族で「楽しかったね」と思いっきり笑って貰えるようになって、これが大正解でした。

 

そこで今回は、もっとゴールデンウイークを家族で有意義に過ごせないかと悩んでいるあなたのために、子どもと一緒でも大人だけでも大満足な、私のオススメのゴールデンウイークの過ごし方をご紹介します。

 

定番の遊園地や動物園のテーマパーク以外で、ぜひいつもと違うゴールデンウイークにしてくださいね。

ゴールデンウイークを家族と有意義に過ごすオススメのスポットは?

私はいつも、ちょっと遠出や旅行の行先を選ぶとき一番初めに「美味しいもの」があるかどうかをとても優先します(笑)。

 

でもこれ、ほんとに一番大事。美味しいって何よりも楽しくて、何よりもいい思い出になるんですよね。そこに家族の笑顔が集まるとなおさら。そこで家族で過ごすゴールデンウイークには「美味しいもの」をメインにしたこんなスポットがオススメです。

手ぶらで本格キャンプ!「野菜収穫」ができるファーム型グランピング

最近、日本でも流行ってきた“優雅なキャンプ”という名の「グランピング」はゴールデンウイークに絶対にオススメです。子どもには、火をおこしたり準備したりということを教えてあげたいから「キャンプは行きたい」だけど「ちょっとハードルが高い」という方にはぜひ体験して欲しいです。

 

普通のキャンプだと、準備に時間とお金がかかってその積み込みまでかなり大変。さらに、ぐったりと疲れた終わりには、後片付けが待っています。なぜなら、我が家にもたくさんのキャンプ道具があり、帰ってきてからの細々した手入れやシーズンオフの間の収納に頭を悩ませています…。

 

やっぱりちょっと、本格キャンプにいくにはハードルが高いんですよね。でも、いま流行りの「グランピング」なら手ぶらで行って、自分では到底準備できない本格的すぎるキャンプをのびのびと楽しむことができます。

 

普段忙しく頑張っているからこそのせっかくの休日。準備や買い出しに追われるのを辞めてみると家族の時間がぐっと増えました。そして、グランピング先を探すときに特にオススメは、最近増えている「野菜の収穫体験ができるグランピング」です。

 

なぜなら、せかせかキャンプに準備する時間を、家族で笑いながら野菜を収穫する時間に置き換えるって、思っている以上に素敵な過ごし方だからなんです。

 

大人も子ども達も、自分の手で収穫して食べたものって、忘れられない思い出になるので大満足すること間違いなしです。土のついたお野菜を抱えて嬉しそうな子どもたちの笑顔をカメラに収めるのも忘れないでくださいね!そして夜は夫婦でプシュッとビールを忘れずに。

 

フォレストアドベンチャーのアスレチックで大人も子どもも大満足

こちらはもうちょっとアクティブな過ごし方にです。森林をそのまま丸ごと利用したテーマパーク「フォレストアドベンチャー」に行ってみるのもオススメです。

 

まだあまり知名度が高くないですが、実は北海道から九州まで全国の色んな所にあるのも嬉しいポイントです。ぜひあなたが住んでいるお近くで探してみてくださいね。

 

かなり本格的な、大人でもちょっと怖いくらいのアスレチックから、小さな子どもが自分の力で挑戦して楽しめるキッズコースまで。大自然の中に自然を活用したさまざまなアスレチックコースが用意されているんです。

 

空気の澄んだ山の中、ちょっと涼しい空間で思いっきり身体を動かして遊べてとにかく楽しいんです。

人気急上昇スポットにでかけてスケッチ大会や写真コンテストに参加

ちょっと人気になってしまって人ごみや渋滞は避けられないかもしれないですが、この時期だけの満開のネモフィラを見に行くのも本当にオススメです。

 

国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」には丘一面の真っ青なネモフィラがこの時期、満開になります。丘の上まで登って、太平洋と5月の青空と満開のネモフィラとのコントラストは思わずたくさん写真におさめたくなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ネモフィラ #ブルー #花 #空 #雲 #みはらしの丘 #ひたちなか海浜公園 #茨城 #spring #JP

shido(@tomo_._s)がシェアした投稿 –

 

そしてオススメなのは、インスタグラムでも開催されている写真コンテストに家族で投稿してみてはいかがでしょう。

 

私の小さい頃は、家族で近くの公園のスケッチ大会に行くのが毎年のゴールデンウイークの楽しみでした。運動会でもないのに母が大きなお弁当を作ってくれるのも楽しみのひとつ。みんなで毎年撮った写真も宝物です。

 

子どもの日にスケッチ大会を開催しているところは少なくなってしまいましたが、実はまだ探せばあるんです。でも今では、もっと簡単に参加できる写真コンテストがインスタグラムを中心に増えてきているので手軽に参加できますね。

 

家族で誰が一番いい写真を撮れるかなんて競い合いながら写真をたくさん撮ったみたり、スケッチ大会に参加してみるのも、ゆっくりとした有意義な家族の過ごし方になりますよ。

ゴールデンウイークを家族と有意義に過ごすオススメのイベントは?

ゴールデンウイークにしか開催されない限定イベントって意外とたくさんあるんです。せっかくなので、家族と一緒に過ごせるイベントをチェックして出かけるのもいいですよね。

フードフェスやオクトーバーフェストで美味しいものをお腹いっぱい!

たまには電車でオクトーバーフェストやグルメフェスタなどのフードイベントに出かけてみるのもオススメです。オクトーバーフェストはドイツのビールや食べ物が楽しめるイベントですが、実はここ最近は親子連れも増えているんです。

 

ショッピングモールの近くで開催されることが多いので、ショッピングついでにふらっと立ち寄って海外の雰囲気をちょっとだけ楽しむのもいいですね。この時期になると色んなところで開催されているので、近くの開催場所と日程は要チェックです。

 

大人は美味しいドイツビールを飲んで、みんなでジューシーな大きなソーセージにかぶりついて。ステージやドイツの伝統菓子のお店も出ているので意外と飽きずに子連れでも楽しむこともできちゃうんです。

 

たまには、渋滞を避けて昼間から電車でほろ酔い帰り道なんて、ちょっとのんびりな時間を過ごしてみるのもいいですよね。ただし、人ごみなのは間違いないので、お子さんから目を離さないことには十分に気を付けてくださいね。

お茶どころで「茶摘み体験」イベントに参加

ゴールデンウイークの時期に旬になるものといえば、「新茶」です。お茶どころでは、この時期だけ茶摘み体験や摘んだお茶の「茶揉み体験」をしているのをご存じですか?

 

静岡や京都といった有名どころだけではなく、実は全国にもあるんです。5月のいい天気の中で、かごを背負っていい香りに包まれながらお茶摘み。摘み立ての新芽はそのままパクリと食べても、持って帰って天ぷらにしてもとびっきり美味しいです。

 

その場でお茶を手揉みで作って、教えてもらいながら丁寧に淹れたうまみと香りの引き立つお茶をゆっくりといただくのは、とっても贅沢な過ごし方。

 

こんな摘み立ての味が体験できるのも、この時期だけですよ~。美味しいお茶の淹れ方を学んだら、帰ってからお子さんがお手伝いとして家で美味しく淹れてくれるかもしれないですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

夏も近づく八十八夜 ♪ \ポンポン/ 野にも山にも若葉が茂る♪ #八十八夜#茶摘み体験#静岡旅行#伊豆の国市

つね(@tsuneeeeeeeee)がシェアした投稿 –

 

「田植え」の農業イベントで土に触って家族で大はしゃぎ

同じくこの時期といえば、「田植え」の時期。今ではすっかり手植えするところは珍しくなりました。だからこそ、子どもたちに伝えたいという想いで手作業での「田植え」体験をしているところが増えているんです。

 

主催者によっては秋の収穫もセットになっていることがあります。自分で植えたお米を、自分で収穫して新米で食べるなんて贅沢ですよ。ちょっとトトロの世界に入り込んだ気分で、思いっきり深呼吸して大自然に触れて、子どもたちが成長していくのも嬉しいです。

 

実は小学生の女の子も、行くまでは「えー」とちょっと不満げでしたが、始まってしまえば、もう大はしゃぎ。慣れない泥の感触や一歩一歩進むことすらできなくて、気を付けているのに泥が跳ねて。

 

他のご家族ともすっかり仲良くなって、皆で大笑いです。帰りの車の中ではみ~んな爆睡で、いい思い出になること間違いなしです。

まとめ

いつもとちょっと違うゴールデンウイークの家族での過ごし方をご紹介しました。
意外とすぐ近くで渋滞を避けて行くことができるので、ちょっとした農業体験は本当にオススメです。ぜひ、マンネリを脱却して家族みんなが喜んでくれる楽しいゴールデンウイークにしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました